Home > イベント > 「ほっかいどう大マンガ展」にmebaeの作品が展示されます

「ほっかいどう大マンガ展」にmebaeの作品が展示されます

2013年7月13日(土)から札幌芸術の森美術館で開催される展覧会「ほっかいどう大マンガ展」に、mebaeの作品が展示されます。

ベテランから若手まで、北海道出身・在住のマンガ家の作品が集まる展覧会です。

『薔薇のジョセフィーヌ』のいがらしゆみこさん、『コブラ』の寺沢武一さん、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の安彦良和さん、『銀の匙 Silver Spoon』の荒川弘さん、アニメ『千年女優』の監督・今敏さんなど、他にも約70名のマンガ・アニメの作家が参加されています。

北海道から発信されるマンガ文化を紹介するこの展覧会に、大変光栄なことにmebaeが招かれました。北海道で生まれ育ち、ピコグラフ時代から現在までも、北海道で活動を続けているmebae。
私たちスタジオポンコタンは、mebaeを中心に、この北海道の地にこだわりを持ち、世界に発信できるアニメーションを作り上げようと日々奮闘中です。

この展覧会でmebaeは、フルカラー短編マンガ『カラコルム女学院』、田中ロミオさん原作のライトノベルで、カバー・挿絵イラストを担当した『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~』、ピコグラフ制作のオリジナル・アニメーション『テイルエンダーズ』を展示させて頂きます。

マンガ家であり、イラストレーターであり、アニメーターでもある、ポンコタン代表クリエイター・mebaeの作品を、特別な空間でお楽しみ下さい。

皆様、是非足をお運び下さいませ。


ほっかいどう大マンガ展
会場:札幌芸術の森美術館
   北海道札幌市南区芸術の森2丁目75番地
会期:2013年7月13日(土)~9月8日(日)